• meatloaf-recipe-25
  • wagyu-beef-recipe2023_10_07-10
  • asparagus-financier-recipe-44
  • asparagus-sushi-recipe-27
  • isetan-door-order-food2022_12_21-29
  • isetan-door-order-food2022_12_21-28
  • chicken-breast-jerky2022_03_15 (8)
  • chinese-cabbage-bento
  • cookie

トップページ

スポンサーリンク
人気記事
クッキングシートで代用!レンジやトースターでも使える箱の折り方
Photo by ゲンゲ太郎 クッキングシートをどのように使っていますか?「オーブンシート」や「ベーキングシート」とも呼ばれるクッキングシートは、表面にシリコンやテフロンがコーティングされているので、食材が張り付きにくいのが大きな特徴です。...
魚の缶詰は体に悪い?体にいい栄養と健康に良い食べ方の簡単レシピ!
魚の缶詰の中でもサバ缶やイワシ缶に多く含まれるDHAやEPAが健康ブームになりました。ある有名人がサバの水煮缶を利用したダイエットで1年間に17キロのダイエットに成功したことから、サバの缶詰が品薄になったこともありましたね。メディアやインタ...
甥の結婚式のご祝儀相場は?夫婦出席や家族揃うといくら包むのか
結婚式に参加するとなると「ご祝儀をいくら包んだらいいの?」と悩む人は少なくないようです。ご祝儀とは、結婚のお祝いの気持ちを金銭や品物で贈ることをいいますが、一般的には金銭が多いですね。 そのご祝儀ですが、親族となると夫婦または家族で出席する...
仕送りご飯の食べ物やおかずは?おすすめの手作りレシピと送り方も
進学や就職をきっかけに一人暮らしを始めた子供に、お金以外の仕送りをしている方は多いようです。慣れない自炊で食生活が乱れていないか、栄養は摂れているのか心配ですよね。そんなわが子(大切な人)へ送りたい【仕送りご飯】におすすめの食べ物や、おかず...
卵殻膜【卵の薄皮】化粧水を手作りで!作り方と効果や焼酎なしでも
卵の薄皮【卵殻膜】を使って化粧品ができると知ったのは十数年前。きっかけは【キッチンで作る自然化粧品】という本でした。卵の薄皮【卵殻膜】にはコラーゲンとヒアルロン酸の他に18種類のアミノ酸などが多く含まれており、アンチエイジング効果が期待でき...
【仕送りご飯】冷凍と冷蔵の食べ物の送り方は宅急便か郵送?
【仕送りご飯】を冷凍か冷蔵で送るとき、どの宅配便を利用しようか迷ったことはありませんか?筆者は以前、一人暮らしを始めた娘へ【仕送りご飯】を送る際に利用した宅配便ついてまとめてみました。また、安全に【仕送りご飯】を送るための注意点もあわせて紹...
新着記事
黒豆の煮汁リメイクレシピ!シロップ入りパンと栄養と効果も
photo by ゲンゲ太郎 お節料理の定番【黒豆の煮物】。黒豆には、マメに働ける一年になるようにとの願いと、黒色には邪気を払う意味があるそうで、縁起をかつぐ食材としてお節料理に使われます。たっぷりの煮汁でふっくらと煮た黒豆の煮汁の黒い色は...
【娘に伝えたい】ミートローフの豚ひき肉と卵の簡単レシピを型なしで
photo by ゲンゲ太郎 豚ひき肉100%に野菜たっぷりのミートローフの中には、ゆで卵を入れて彩りも鮮やか。型がなくても大丈夫。牛乳パックに詰めて型取りしてからオーブンで焼きます。作り置きできるミートローフは冷蔵で3~4日、冷凍保存もで...
【娘に伝えたい】鳥取和牛切り落としレシピと安い肉を柔らかくする方法
タイトルの、【鳥取和牛切り落とし】レシピと【安い肉】を…。なんとも対極的ですよね。というのも、先日我が家に荷物届きました。はて?心当たりはなく送り状を見ると、【モラタメ】…。筆者は思わず「モラえた⁈」と声をあげました。まさかモラえると思って...
【おてつたび】シニア&50代夫婦申し込みブログ!西川町地域おこし
シニア夫婦の【おてつたび】先は山形県西川町です。活動内容は、地域おこし協力隊の方々と一緒に、地域を盛り上げるお手伝いとのこと。筆者と夫の平均年齢は65歳。体力にはまだ自信があるつもりですが、募集定員6人中、「最高齢だろうなぁ~」という思いは...
【娘に伝えたい】アスパラの根元や皮と細いやつのもったいないレシピ
photo by ゲンゲ太郎 グリーンアスパラガスの根元やむいた皮、硬くて筋っぽい部分に細いやつを捨てているとしたら、それはもったいない!皮や根元にも身と同じ栄養素が含まれています。とはいえ、硬い部分はどれだけ加熱しても柔らかくなりませんか...
【娘に伝えたい】太いアスパラの天ぷらでメインになるレシピ!
新鮮な太いアスパラが手に入ったら、まずはさっとゆでてマヨネーズでパクリ。そして次は天ぷら!薄衣でサクッと軽い口あたりの天ぷらは、みずみずしいアスパラの甘さが際立ちます。もちろん、そのままで十分の美味しいのですが、アスパラの出汁で炊いたご飯を...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ゲンゲ太郎

管理人のゲンゲ太郎です。食べることと料理を作ることが大好きな50代。調理師として保育施設での調理経験あり。【たべて わらって ご馳走さま】では娘に伝えたいレシピをメインに紹介していきます。

フォローする
シェアする
スポンサーリンク
たべて わらって ご馳走さま