【娘に伝えたい】春菊の簡単レシピ!胡麻和えにナムルとかき揚げも

crowndaisy-image-1
photo by ゲンゲ太郎

春菊に含まれるβ-カロテンはホウレン草や小松菜よりも多く、【抗酸化】に優れていて体の中を錆び付かせないアンチエイジング効果が期待できるそうなので積極的に摂りたい野菜の一つ。β-カロテンを多く含む野菜は人参がダントツですが、いくつになっても人参が苦手な娘にすすめたい春菊レシピを紹介します。

春菊のごま和え

crowndaisy-with-sesame-sauce-recipe-5
photo by ゲンゲ太郎

春菊のレシピで人気の胡麻和え。黒いり胡麻を使いましたが白胡麻でもお好みで。使う胡麻はすり胡麻ではなくいり胡麻を半ずりにします。胡麻を完全にするのではなく粒を残すことで、噛んだ時に口の中に胡麻の香りが広がりますよ。さらに、する前にフライパンで乾煎りすると、より香ばしくなります。分量は1/2束を2人分で作りましたが、一度に1束ゆでてザル付きのタッパーに入れ冷蔵庫で保存してもいいですね。(2~3日を目安に使い切ります)

材料(2人分)
・春菊…1/2束
・人参(お好みで)…適量
ⓐ 黒いりごま(すり鉢でする)…大さじ1
ⓐ はちみつ…小さじ1
ⓐ 醤油…小さじ1
昆布茶…ひとつまみ

作り方

crowndaisy-with-sesame-sauce-recipe-2
Photo by ゲンゲ太郎

① 春菊はよく洗い水けを切ってから葉と茎に分けて切り、熱湯に塩を1.5%入れ塩ゆでする。茎を先に入れ20秒ほど茹でてから葉を入て10秒茹でて冷水にとりザルあける。

※ 茎と葉に分けて切りますが大体でいいですよ。人参を入れるときは水から入れ好みの硬さに茹でてザルにとります。青菜の甘味を引き立てえぐみを抑えるための塩ゆでの塩分濃度の1.5%は、辻調のレシピを参考にしています。

crowndaisy-with-sesame-sauce-recipe-4
Photo by ゲンゲ太郎

crowndaisy-with-sesame-sauce-recipe-3
Photo by ゲンゲ太郎

② ボールにⓐの調味料を合わせ、水気を切った春菊を加えてあえる。

春菊のナムル

with-garland-chrysanthemum-chili-oil-2
photo by ゲンゲ太郎

韓国料理の定番、春菊のナムル。ちぎった韓国のりやニンニクのすりおろしを入れても美味しいですね。ごま油をラー油に替えてると大人の味に。ラー油の量は味をみながら加減してください。

材料(作りやすい分量)
・春菊…1/2束
・人参(お好みで)…適量
ⓐ ごま油…小さじ2
ⓐ 鶏がらスープの素…小さじ1/2
ⓐ 白いりごま(すり鉢でするか、すりごまでもOK)

作り方

with-garland-chrysanthemum-chili-oil-1
Photo by ゲンゲ太郎

① 胡麻和えと同じように春菊をゆでて食べやすく切り、水気をよく切っておく。

② ボールにⓐの調味料をあわせ、①をあえる。

春菊と新玉ねぎのかき揚げ

fried-garland-chrysanthemum-recipe-8
Photo by ゲンゲ太郎

春菊と新玉ねぎのかき揚げを作りますが、新玉ねぎがなければ玉ねぎでもOK。クッキングシートに切り込みを入れ、かき揚げの種をのせて揚げ油に入れれば形が崩れずにきれいに揚げることが出来ます。切り込みが入っているので中まで熱が通り、厚めのかき揚げが作れますよ。

材料(作りやすい分量)
・春菊…1/2束
・ 新玉ねぎ(玉ねぎ)…中1個
・ 打ち粉(天ぷら粉)…適量
ⓐ 天ぷら粉天ぷら粉…100g
ⓐ 水…160cc
ⓐ 塩…一つまみ
・クッキングシート…四角(15㎝×15㎝)2枚
・揚げ油…適量

作り方

あらかじめクッキングシートを四角(15㎝×15㎝)に切ってから中央を十字に切り込みを入れておく。

① 食材と天ぷら粉を混ぜる

fried-garland-chrysanthemum-recipe-10
Photo by ゲンゲ太郎

春菊は5センチくらいの長さに切り、新玉ねぎは5ミリ幅の薄切りにしボールに入れ、打ち粉の天ぷら粉(分量外)をまぶしてムラなく混ぜ合わせる。

② 別のボールに天ぷら粉、塩、水の順で入れ、菜箸などで粉が少し残るくらい軽く混ぜる。
※天ぷら粉を先に入れるとダマになりやすいですよ。

③ 食材に衣をかける

fried-garland-chrysanthemum-recipe-9
Photo by ゲンゲ太郎

②の衣をお玉ですくって①の食材にかける。

※衣の量は材料にからまるくらいです。衣の量が多いと油っぽいかき揚げになりますよ。

④ 揚げる

fried-garland-chrysanthemum-recipe-2
Photo by ゲンゲ太郎

揚げ油を160℃に加熱する。用意しておいたクッキングシートに②の具材をのせ、揚げ油にそっと入れる。

※具材をのせたクッキングシートを両手で持ち、斜めに揚げ油に入れますが、フライ返しにのせて入れてもいいですね。

fried-garland-chrysanthemum-recipe-4
Photo by ゲンゲ太郎

1分ほど触らずに揚げ、クッキングシートごと裏を返す。菜箸で真ん中を刺して油を通す。

fried-garland-chrysanthemum-recipe-5
Photo by ゲンゲ太郎

クッキングシートがはがれてきたら菜箸などで取り出す。

fried-garland-chrysanthemum-recipe-6
Photo by ゲンゲ太郎

上下を返し衣がカラッとしたらバットに取り出し油を切る。

fried-garland-chrysanthemum-recipe-7
Photo by ゲンゲ太郎

揚げ油にたねを入れたときは勢いよく泡が出ますが、しばらくすると水分が飛んで泡が小さくなります。そのころが出来上がりの目安になります。

春菊レシピまとめ

春の菊と書く春菊の旬は11月から2月頃ですが、年中出回っていますね。春になると道の駅やスーパーの野菜売り場で地元で採れた露地物の春菊を見かけます。春菊の苦みは葉を加熱すると出るので、苦みが苦手でしたらサラダで食べるといいですね。ただ春菊は傷みやすいので買ってきたら、きれいに洗ってポリ袋に入れて冷蔵庫で立てて保存しましょう。栄養価の高い春菊を美味しくいただきたいですね。

コメント