甥の結婚式のご祝儀相場は?夫婦出席や家族揃うといくら包むのか

スポンサーリンク

結婚式に参加するとなると「ご祝儀をいくら包んだらいいの?」と悩む人は少なくないようです。

ご祝儀とは、結婚のお祝いの気持ちを金銭や品物で贈ることをいいますが、一般的には金銭が多いですね。

そのご祝儀ですが、親族となると夫婦または家族で出席するケースが多くなります。
また、やむなく欠席する場合もあわせて紹介します。
ご祝儀に包む金額の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

一般的なご祝儀の相場金額は?

ご祝儀の金額は関係性年齢によって変わってきます

新郎新婦との関係20代30代 40代~
友人2~3万円3~5万円3~5万円
兄弟・姉妹 3~5万円5万円5~10万円
いとこ、甥・姪2~3万円3~5万円5~10万円
会社の同僚2~3万円3万円3万円
会社の部下2~3万円3万円3万円
会社の上司 3万円3~5万円5~10万円
会社の取引先など3万円3~5万円3~5万円

友人や同僚は3万円が相場
兄弟や親族は5万円が相場
ご祝儀をもらっている場合は同額

甥の結婚式のご祝儀相場をケースごとに紹介!

式場にもよりますが、披露宴で一人あたりの一般的な料理と飲み物代は、
料理:15,000円前後
飲み物:5,000円前後

だいたい一人、2万円前後のようです。
プラス、引き出物があります。

夫婦で出席する場合

親族の結婚式では夫婦で招待される場合が多いですね。一般的には、
兄弟・姉妹:10万円以上
いとこ:7~10万円
遠い親戚:5万円

ただ、いとこ:7万円~10万円とありますが、こんな方法もありますよ。
「7万円は多いかなぁ、6万円にしたいけど結婚式では奇数はタブーだよね」なんて場合もあるかもしれません。

そんな時は、6万円のうちの1万円分を、5,000円札2枚に替えて、お札を7枚にします。

家族で出席する場合

家族で出席する場合には、人数分の食事代などを上乗せして包みます。

・席や食事の必要のない乳幼児の場合:ご祝儀は必要ありません。
・幼児用の食事が必要な場合:5,000~10,000円
・小学生:10,000円(子供用の食事)
・中学生・高校生:20,000円(大人と同じ食事)

中学生以上になると大人と同じ料理になります。
また、乳児は食事の必要はありませんが、ベビーベッドや授乳室、離乳食の相談などで気を遣っていただくでしょうから、気持ち上乗せして包んではいかがでしょうか。

海外結婚式の場合

■■結婚披露宴を行わない場合は?
最近では、海外で二人だけの結婚式を挙げるケースも増えていますよね。それでも親族は相場どおりのご祝儀を渡すのがマナーです。

欠席する場合

せっかくの結婚式ですが、やむを得ず欠席ということもありますよね。

基本的には、料理や引き出物の金額を差し引いて贈りますが、関係性や欠席を伝えるタイミングによって変わります。
ここからは、欠席の場合をケースごとにご祝儀の贈り方を紹介します。

招待状をもらう前に欠席を伝えた場合

招待状をもらって1か月以上前(すぐに)に、欠席を伝えた場合も同じです。

ご祝儀の金額は五千円から一万円程度が相場です。
お金を包んでもいいですし、品物でも構いません。
ただ親族の場合は、ご祝儀金額の取り決めなどがないか確認するのがおすすめです。

出席予定だったが欠席する場合

一度出席と返事をしたものの、やむを得ない事情で欠席することになった場合には、もともと予定していた金額(もしくは2~3万円)を、そのまま包むのがマナーです。
というのも、料理や引き出物などのキャンセル料は、式の1か月ほど前から発生します。
できれば、相手に負担をかけないよう、結婚式の1週間前までには贈り、お詫びとお祝いの気持ちを伝えましょう。

挙式のみ招待された場合

欠席の話ではありませんが、挙式のみ参加の場合は1万円が相場です。

大切なのは気持ち

甥の結婚式のご祝儀の相場についてお伝えしました。
ご祝儀は地域によっても違いますし、親族間の取り決めなどもありさまざまです。
今回紹介したご祝儀の相場を参考にしていただき、状況にあったご祝儀を贈っていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました