新型ハイラックス専用キャンパーシェルをカスタマイズ!価格も

hilux-image-4
photo by ゲンゲ太郎

世界の武装ゲリラが【武器】として愛するトヨタのピックアップトラック【ハイラックス】。アメリカの特殊部隊も一部地域でハイラックスの大型版、トヨタの【タコマ】に乗っているそうです。なんとも頼りになりそうな車ですね。新型ハイラックスをベース車にハイラックス専用キャンパーシェルの購入を決定。キャンパーをトラキャンに決めるまでには、けん引免許の要らない750kgのキャンピングトレーラーの購入を考え、資料を取り寄せて検討していましたが、トレーラーは運転が…とくにバックが難しいらしく、未熟な運転技術と、旅先での駐車場の不安から断念。

新型ハイラックス専用キャンパーシェルって?

hilux-camper-image-6[2]
photo by M.Y.Sミスティック

ハイラックス専用キャンピングシェルは、ピックアップトラックの荷台に居住部分のキャンパーシェル(荷物)が載ったトラキャン(トラックキャンパー)のことです。トラキャンの良さはキャンパーシェルが【荷物】扱いで着脱できること。シェルを降ろせばピックアップトラックとして使えますが、脱着には電動ジャッキで約15分、手動ジャッキで30分ほどかかるそうなので、きっと私たちは載せっぱなしになるんだろうな。また、キャンパーシェルは【荷物】なので自動車税などの維持費がかかりません。ちなみにベース車になるピックアップックの自動車税は年間16,000円。車検は最初の車検は2年で以後1年車検
です。

新型ハイラックス専用キャンパーシェルを見に行く!

hilux-camper-image-11[1]
photo by ゲンゲ太郎

現在(2021年)ハイラック専用シェルキャンパーを作るメーカーは2社のようです。岐阜にある株式会社 山春山梨県のM.Y.Sミスティック。昨年実際に見てきました。(写真はM.Y.Sミスティックの二葉店)現車を見てM.Y.Sミスティックのキャンパーシェルに決めました。写真や動画だけでは分からないと改めて実感。

新型ハイラックス専用キャンパーシェルをカスタマイズ

hilux-camper-image-7[1]
photo by ゲンゲ太郎

M.Y.Sミスティックのキャンパーシェルは一台一台手作りのため注文してから完成まで早くても1年かかるそう。私たちの使い勝手の良さを考え仕様の変更をお願いしました。こちらの要望に柔軟に対応してもらえる所も手作りの良さですね。

hilux-camper-image-1[2]
photo by ゲンゲ太郎

① ベットマットなし
② シートのクッションなし
③ 壁紙なし
④ テーブルなし
⑤ フロアー貼りなし

他にも、トイレのスペースを確保するための設計の変更をお願いしました。これで少しは(具体的な納期は聞けませんでしたが)早まるそうです。ベットマットやイスのクッションは好みがありますから。ただ、壁紙やフロアー貼りが待っているんですよね。

新型ハイラックスキャンパーシェルの価格は?

hilux-camper-image-8[1]
photo by ゲンゲ太郎
新型ハイラックス専用キャンパーシェルは2タイプありオプションも豊富。価格は<ahref=”https://www.mystic.ne.jp/camper/j-cabin_h”>M.Y.Sミスティックのホームページで確認できます。本体価格にオプションを付けることで価格は随分変わってきますよ。床や壁在もカタログから選ぶことができますが、幾らになるのでしょう。

まとめ

キャンパーシェルが完成して引き取ってからは、内装を仕上げる作業で忙しくなるでしょう。完成までの作業工程を更新していきます。

コメント