免疫力アップの食べ物のおやつレシピ!緑茶とかぼちゃのクッキー!

スポンサーリンク

免疫とは私たちの体に入った細菌やウィルスを攻撃して体を守ってくれるシステムです。免疫力=抵抗力を高めることで風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくくなります。免疫力を高めるためにはバランスのとれた食事と睡眠や適度な運動が必要と言われています。

免疫力を高める食材として、ヨーグルトや納豆などの発酵食品や緑茶などがあげられますが特定のものばかりを摂るのではなく、いろいろな食材をバランスよく食事の中に摂り入れたいですね。

今回は、感染症予防に効果があるとされる緑茶の茶殻を入れたアイスボックスクッキーと、ベータカロテンと食物繊維を多く含むかぼちゃの皮も入れたアイスボックスクッキーの簡単な作り方を紹介します。

スポンサーリンク

免疫力を高める!緑茶のアイスボックスクッキー

2018年10月23日放送のTV番組、「林修先生の今でしょ!講座」で、緑茶に含まれる栄養素の一つ、エピガロカテキンガレートを最大限に摂る方法を紹介していました。あまり聞きなれないかもしれませんが、エピガロカテキンガレートは、お茶のポリフェノール「カテキン」の種類のひとつ免疫力を高める効果があります。ですが、普通に飲んで得られるお茶の健康成分は約40%だそうで、お茶は飲むより食べる方が良いそうです。
番組では茶殻を入れたチャーハンや和え物、スムージーに天ぷらのレシピが紹介されていてました。

これから紹介する緑茶のアイスボックスクッキーの作り方は、飲んだ後の緑茶の茶殻をレンジで乾燥させて生地に入れるだけ。気になる食感と味は言われなければ「茶殻」とは思えません。とても美味しいですよ。

【緑茶のアイスボックスクッキーの材料】
小麦粉220g(ふるっておく)
バター130g(室温に戻す)
三温糖100g
卵黄1個分
緑茶(乾燥)8gの茶殻

【作り方】

① 緑茶を飲んだ後の茶殻をレンジ600wで4分加熱し水分を飛ばす。

アイスボックスクッキーの生地を作っていきます。

② 室温に戻したバターをボールに入れ泡立て器(ホイッパー)でよく混ぜる。

③ 白っぽくなってきたら砂糖を加えさらに混ぜる。卵黄を入れよく混ぜてから小麦粉を加える。(ナッツやチョコを入れるときはここで加える)
※卵白はラップに入れ輪ゴムでとめ冷凍保存がおすすめです。マカロンやメレンゲなどのお菓子作りにどうぞ♪

④ 粉を入れたら木ベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。生地をひとまとめにして半分に分け片方に茶殻を入れる。

木べらで混ぜながらひとまとめにするのは時間がかかるかも、きれいに洗った手でまとめてもいいですよ。
ゲンゲ太郎
ゲンゲ太郎

茶殻と生地をよく混ぜる。

⑤ ラップを広げそれぞれの生地をのせる。上からラップをかけ、めん棒で伸ばす。(厚さ2~3ミリくらい)

⑥ 巻きすの上にプレーンの生地をのせ、上に茶殻の生地を重ねる。

手前からしっかりと巻く。

巻いた生地をラップでしっかり包み巻すで形をととのえる。巻きすを立てトントンと打ち付ける。(端を平らにする)

生地を巻いた巻きすごと冷蔵庫で一晩寝かせる。

⑦ 直径5cm、長さ16㎝になりました。12等分に切り150℃に余熱したオーブンで45分焼く。クッキーの大きさはお好みでどうぞ!焼き時間は、1.3cmくらいの厚さで150℃で45分を目安にしてください。

茶殻の分量を増やしたいと試してみましたが、茶殻の生地は少し柔らかくなります。このくらいがおすすめです。

免疫力高める!かぼちゃのアイスボックスクッキー

プレーンのクッキー生地と、しっとりとしたかぼちゃ生地の2層タイプのアイスボックスクッキーです。かぼちゃはベータカロテンや食物繊維を多く含んでいますが、実よりも皮の方に多く含まれています。アンチエイジング効果も期待できますよ。サクッとした外側の生地と、しっとり柔らかなかぼちゃ生地の食感が不思議な美味しさのクッキーです。

【かぼちゃのアイスボックスクッキーの材料】
小麦粉 220g(ふるっておく)
バター 130g(室温に戻す)
三温糖 90g
卵黄1個分
かぼちゃ (皮を除き正味) 50g
かぼちゃの皮  50g(あるだけで構いません)

【作り方】

① かぼちゃは洗って種とワタを取り、レンジ600wで 1分半~2分過熱し実と皮に分け実を潰す。

材料すべて用意する。

② 室温に戻したバターをボールに入れ泡立て器(ホイッパー)でよく混ぜる。

③ 白っぽくなってきたら砂糖を加えさらに混ぜる。卵黄を入れよく混ぜてから小麦粉を加える。

④ 粉を入れたら木ベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。生地をひとまとめにして150g取り分け潰したかぼちゃを混ぜる。

⑤ ラップを広げそれぞれの生地をのせる。上からラップをかけ、めん棒で伸ばす。(厚さ2~3ミリくらい)

⑥ 巻きすの上にプレーンの生地をのせ、上にカボチャの生地を重ねる。

⑦ 手前を2cmほどあけてかぼちゃの皮を並べる。

手前からしっかりと巻く。

巻いた生地をラップでしっかり包み巻すで形をととのえる。巻きすを立て、トントンと打ち付ける。(端を平らにする)生地を巻いた巻きすごと冷蔵庫で一晩寝かせる。

1.3cmくらいの厚さに切り、150℃に余熱したオーブンで45分焼く。

ぱっと見なにが入っているのか分からないかもしれませんね。一口サクッと食べるとほんのりかぼちゃの甘みを感じます。砂糖は少し控えめにしましたが、甘みの少ないかぼちゃを使う場合は潰したかぼちゃの実にハチミツを加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

免疫力を高める効果が期待できる、緑茶とかぼちゃのアイスボックスクッキーのレシピを紹介しました。免疫力を高めるにはバランスのとれた食事と睡眠や適度な運動が大切です。身近な食材で作るアイスボックスクッキーを毎日のおやつに加えてみてはいかがでしょう。子供と一緒に楽しめる簡単なレシピです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました