【仕送りご飯】レシピ!手作りシフォンケーキとスポンジケーキ

スポンサーリンク

【仕送りご飯】に手作りスィーツをプラスしてみませんか?シフォンケーキとチョコレートケーキはどちらも冷凍OK。冷蔵庫で自然解凍するだけで美味しく食べられます。でも、なぜシフォンケーキとチョコレートケーキかというと、筆者の娘はシフォンケーキ、家人はチョコレートケーキ好きなのでどちらもよく作ります。作り方が似ているので比較しながらレシピをまとめてみました。大切な人へ贈るスィーツ作りの参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

【チョコレート・シフォンケーキ】と【チョコレートケーキ】の簡単レシピ

photo by ゲンゲ太郎

ふわふわ食感であっさり味のシフォンケーキと、しっかりとコクのある食感のスポンジケーキ。その大きな違いは材料によるもので、作り方はとても良く似ています。シフォンケーキは油、スポンジケーキにはバターを使います。サラダ油などの油は常温で液体なので、焼き上げたあとのケーキはふわふわですが、そのままにしておくと沈んでいくので、焼き上がったらすぐに逆さまにします。それに対してスポンジケーキに使うバターは常温で固形。焼き上げている間は生地の中で溶けますが、常温になると固まろうとします。食物油と動物性油脂(バター)の性質の違いが、シフォンケーキとスポンジケーキの食感の違いになっています。

チョコレートシフォンケーキとチョコレートケーキの作り方

これから紹介するレシピはチョコレート入りのシフォンケーキとスポンジケーキですが、材料のココア板チョコを除けはプレーンのケーキになります。何度も繰り返し作っているレシピです。濃厚なチョコレート・シフォンケーキとチョコレートケーキ。ぜひ一度お試しください。

チョコレート・シフォンケーキ(17㎝型)の材料

チョコレートケーキ(底の抜ける18㎝型)の材料

卵黄(Lサイズ)4個分
卵白4個分
グラニュー糖70g
ひとつまみ
米油(サラダ油)50g
50g
米粉(薄力粉)70g
純ココア20g
ベーキングパウダー3g
【混ぜ込み用】板チョコ200g(刻んでおく)
生クリームホイップして好みで添える
卵黄(Lサイズ)3個分
卵白3個分
グラニュー糖120g
バター(溶かしておく)50g
牛乳50g
米粉(薄力粉)80g
純ココア20g
【チョコレートクリーム用】板チョコ200g(刻んでおく)
生クリーム200㏄
スイカ太郎
スイカ太郎

ひとつまみは親指、人差し指、中指でつまんだ量だよ。塩一つまみは手の大きさによって違うけど、平均で0.5gくらいだって

フグ太郎
フグ太郎

シフォンケーキとチョコレートケーキの作り方の違うところはを変えてるよ

下準備

◇ 板チョコは細かく刻んでおく。

◇ 粉・ココア・ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

◇ 板チョコは細かく刻んでおく。

◇ 粉・ココア・ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

◇ 型に合わせてクッキングシートを切り、油(分量外)を塗った型に貼りつけておく

photo by ゲンゲ太郎

① 卵白をボールに入れ、塩ひとつまみ加えて泡立てる。白っぽくなったらグラニュー糖の半量を入れ、ボールを逆さにしても落ちないくらい泡立てる。

② 刻んだチョコレートを湯せんにかけて溶かす。オーブンを170℃(40分)に余熱しはじめる。

photo by ゲンゲ太郎

③ 別のボールに卵黄を入れ、残りのグラニュー糖を加えてハンドミキサーでクリーム状にする。(ハンドミキサーは、メレンゲがついていても大丈夫)

④ ③に油と水を加えて混ぜる。

④ 牛乳と溶かしバターを加えて混ぜる。

合わせておいた粉類を加えハンドミキサーで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

photo by ゲンゲ太郎

⑤ ④に残りのメレンゲを入れてヘラで切るように(ボールの底から上下を返すように)に混ぜる。練らないこと。

⑥ ⑤に溶かしておいたチョコレートを回し入れ、ヘラで切るように軽く混ぜる。

チョコレートは入れない。

photo by ゲンゲ太郎

型に生地を流し入れ、軽く2回ほど打ち付けて空気を抜く。

170℃のオーブンで40分焼く。

20㎝㎝位の高さから4~5回落とす。(焼き縮みを防ぐ)

170℃のオーブンで30~40分焼く。

※30分くらいでオーブンから取り出し、竹串をさして生地つかなければ焼き上がり。

photo by ゲンゲ太郎

⑧ 竹串を挿して何もついてこなければOK。

焼き上がったら、すぐに逆さまにして冷ます。

焼き上がったら、すぐに20㎝くらいの高さから1回落とし、逆さにして2~3分おく。

photo by ゲンゲ太郎

冷めたら型を外す(写真は切った状態)中心部はチョコレート。

型とクッキングシートを外して表を返し、網にのせラップをかけて冷ます。

濃厚!チョコレートクリームの作り方

photo by ゲンゲ太郎

しっとりのスポンジ生地に、濃厚なチョコレートクリームをコーティング。出来たても美味しいですが、スポンジにクリームが馴染んだ2日目はさらに美味しさアップ!

① 小鍋に生クリーム200㏄を入れ弱火にかける。

鍋のふちがフツフツしてきたら火を止め、細かく刻んだチョコレートを加え溶かす。

② 鍋底を氷水につけ冷やしながら泡立て器でコーティングしやすい硬さまで泡立てる。(硬すぎると塗りにくくなるので注意!)

photo by ゲンゲ太郎

スポンジが冷めてからスライス。スライスする前に包丁で縦に目印をつけておくと戻すときに向きが分かります。切ったスポンジは、下段の上下を返し、上段は真ん中にして重ねます。

photo by ゲンゲ太郎

チョコレートクリームをスポンジの切り口や側面に塗ります。クリームが固まったら(固まりにくい時は冷蔵庫で)ココア(分量外)を茶こしでふりかけても。

シフォンケーキとスポンジケーキの冷凍と解凍

photo by ゲンゲ太郎

解凍するときに水分が出て食感が変わってしう生のフルーツ(バナナはOK)を使ったケーキ以外、ほとんどのケーキは冷凍できます。保存期間は冷蔵で2~3日、冷凍で2~3週間です。冷凍する場合はケーキを一切れずつラップに包み、ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍します。

冷凍保存期間:2~3週間以内

解凍方法:冷蔵庫で自然解凍

仕送ご飯にケーキはいかがですか?

コンビニでも美味しいスィーツは買えますが、手作りスィーツはまた格別。なんとなく難しそうな手作りケーキも意外と簡単に作れます。主食や副菜がメインの【仕送りご飯】に冷凍もできる手作りケーキを加えてみませんか?

コメント