ハーキスとは?野菜のそぼろレシピや口コミは?通販で買えるのか紹介

harkis-package
Photo by ひかり味噌株式会社

ハーキス「HÄRKIS®FINLAND』はフィンランド産の空豆を使った野菜のそぼろです。お肉の代わりとして食物性の食材を使った次世代ミートは、ビヨンドミートや大塚食品のゼロミートなど話題になりましたね。

harkis-box
Photo by ゲンゲ太郎

ベジタリアンやビーガン食として、また美容や健康に関心のある方からも注目のハーキス、筆者も以前から関心がありモラタメでお得に購入しました。気になる味や栄養、おすすめのレシピと口コミも紹介します。

ハーキスって?

harkis-package
Photo by ひかり味噌株式会社

ハーキス「HÄRKIS®FINLAND」は、北欧・フィンランド国内で植物性タンパク質カテゴリーの認知度調査№1のブランドです。

harkis-3type
Photo by ゲンゲ太郎

製造販売するのは、Verso Food社(Jaakonkatu 2, 01620 Vantaa, Finland)で、日本国内ではひかり味噌株式会社が「HÄRKIS™ FINLAND」ブランドとして展開し、「野菜のそぼろ プレーン」「野菜のそぼろ エスニックカレー」「野菜のそぼろ メキシカン」の3種類を発売しています。

ハーキスの栄養は?気になるカロリーも

harkis-bean
Photo by ひかり味噌株式会社

ハーキス「野菜のそぼろ」は、北欧・フィンランド産のそら豆を使った、そぼろ状の新素材です。フィンランドの綺麗な空気と栄養豊富な土壌、夏の長い陽に照らされ、すくすくと育ったフィンランド産そら豆は日本のものより一回り以上小さく、コーヒー豆ほどの大きさだそうですが、タンパク質、食物繊維が豊富なスーパーフードです。

harkis-allergen
Photo by ひかり味噌株式会社

ハーキス「野菜のそぼろ」は、そのまま食べることはもちろん、フレークタイプなのでお肉の代わりとして使えます。グルテンフリーアレルゲンフリーなのも嬉しいですね。
※表示推奨品目含む、アレルギー物質27品目のいずれも使用をしていません(2018年12月現在)
ハーキスの詳しい栄養成分を紹介します。保存は要冷凍(-18℃以下)で、賞味期限は270日です。

ハーキス野菜そぼろ・プレーン

harkis-plain
Photo by ゲンゲ太郎

シンプルな塩味でどんな料理にも合いそうです。
タンパク質 22g
食物繊維 9g
グルテンフリー
糖質 5.2g/脂質 11.7g
カロリー 281kcal
※1パック130gあたり

ハーキス野菜そぼろ・エスニックカレー

カレーパウダーは生姜が香る味わい。アジアンや中華料理におすすめです。
タンパク質 15.6g
食物繊維 6.5g
グルテンフリー
糖質 11.7g/脂質 13g
カロリー 265kcal
※1パック130gあたり

ハーキス野菜そぼろ・メキシカン

harkis-Mexican

クミン、オレガノ、パプリカなどのスパイスを効かせたクセになる味わいです。
タンパク質 19.5g
食物繊維 10g
グルテンフリー
糖質 6.5g/脂質 13g
カロリー 283kcal
※1パック130gあたり

ハーキスを使ったおすすめレシピを紹介!

次世代ミート「ハーキス」は、プレーン・エスニックカレー・メキシカンの3種類。そのまま食べるときはレンジで加熱します。まずは、そのまま一口。
お肉をイメージして食べると「おやっ?違うぞ」と思いましたが、健康で持続的な野菜中心の食生活へ、シフトチェンジという考え方からも、新しいベジミートとして「いいよね」と感じました。

Beyond-meat

0-meat
photo by ゲンゲ太郎

食物由来の肉代替品で、エンドウ豆がおもな原料のビヨンドミートや、大豆が原料のゼロミートとは違ったおいしさです。

harkis-recipe-samosa
Photo by ゲンゲ太郎

ハーキスは使い勝手の良いフレーク状なので、サラダのトッピングスープ・炒め物の具材、捏ねてハンバーグのように楽しむこともできます。これから紹介するレシピはハーキスをつぶしたじゃがいもと混ぜ、春巻きの皮で巻いたサモサ風です。

3種類のハーキスは、それぞれしっかりとした味付けですが、独特な豆の味が気になるかもしれません(筆者の娘がその一人)。じゃがいもと混ぜることで食べやすくなりますし、パリッと揚がった春巻きの皮はあとを引くおいしさです。

ハーキスのサモサ風

使うハーキスはお好みの味でどうぞ!今回はプレーンを使いました。エスニックカレーやメキシカンで作るときはスパイスを加減して下さい。

【材料】15個分
〇春巻きの皮 5枚
〇ハーキス(プレーン) 1/2箱(65g)
〇じゃがいも 1個(加熱してつぶす) 正味130g
・ターメリック 小さじ1
・クミンシード 小さじ1/2
・コリアンダー 小さじ1/2
・カレーパウダー 小さじ1/2
・ガラムマサラ 小さじ1/3(好みで加減)
小麦粉と水を同量で溶いたのり 適量
揚げ油 適量

【作り方】

harkis-recipe-spice
Photo by ゲンゲ太郎

harkis-recipe-spice-mix
Photo by ゲンゲ太郎

① 潰したじゃがいもとハーキス、スパイスをボールに入れよく混ぜる。

harkis-recipe-spring-rolls
Photo by ゲンゲ太郎

② 春巻きの皮を破けないように1枚ずつはがし、3等分に切る。

harkis-recipe-hold
Photo by ゲンゲ太郎

③ 春巻きの皮を写真のように三角に巻いて①の具材を詰めて巻く。巻き終わりを小麦粉を水で溶いたのりでしっかりとめる。

harkis-recipe-spring-roll-before-frying
Photo by ゲンゲ太郎

180℃に余熱した揚げ油で1~2分、キツネ色になるまで揚げて油を切る。

harkis-recipe-spring-rolls-frying
Photo by ゲンゲ太郎

お好みでチリソースをつけていただく。

ハーキスを使ったみんなのレシピと口コミを紹介!

インスタグラムやツイッターには、ハーキス(野菜のそぼろ)レシピがたくさん紹介されているので、一部紹介しますね。

ハーキスは通販で買える?


ハーキスは、2019年3月の下旬から関東、近畿、中部エリアのスーパーマーケットなど(一部をのぞく)で発売されていますが、【モラタメ】でお得に買うこともできますよ。野菜のそぼろ・プレーン130g×10個と、3種類130g×3のおためしセットもあります。送料無料は嬉しいですね。ただ、10パック購入の際は冷凍庫に余裕があるか確認してくださいね。結構かさばりますよ。

まとめ

北欧・フィンランドで植物性タンパク質No.1ブランド、ハーキスを紹介しました。そら豆が主な原料の次世代ミート「野菜のそぼろ」は、食べたいときにレンジでチンするだけ!いろいろなアレンジを楽しめます。ダイエットにもぴったりなハーキスでオリジナルレシピにチャレンジしてみませんか?

コメント